美白ケア

美白になるための紫外線対策法(UV対策)とは?

投稿日:

美白の大敵と言えば紫外線が大きな原因の1つです。
紫外線をしっかりとカットする事が大事ですね、先ずは最大限メラニン色素を作らないようにしましょう。紫外線対策と言っても外からの紫外線対策の他に内加賀からの紫外線対策もありますので、外からと内からの紫外線対策でしっかりと紫外線から防御しましょう。

1外からのUV対策とは?

紫外線対策であるUV対策は、外からと内からの2つの側面から対策できる事をご存知でしょうか?
しっかりUV対策するのであれば、是非、外と内からのWでの紫外線対策をするとよいですよ。

〇外からのUV対策とは?!

外からのUV対策は
・帽子
・日傘
・日焼け止め
とにかく日差しに当たらないという事を心がけましょう!

日焼け止めの選び方

日焼け止めはSPFとPAの数値を見て選ぶことが大事です。
SPFは紫外線を浴びた時に赤い斑点ができるのを、どれだけ遅らせるかという観点から作られています。
PAというのは数値が大きければ大きいほど日焼け防止効果の時間が高い事を示しています。日焼けをして黒くならないようにする効果です。
つまりSPFは紫外線防止、PAは日焼け防止という訳ですね。
日焼け止めは数値が高いほど効果が高いとされていますが、刺激も強い事もあるので、お肌にあった日焼け止めを選ぶ事が大事ですね。
オススメとしては、長時間日差しの下にいなければ、SPF20~30程度、PAは++くらいのもので十分でしょう。
もちろん数値が高い程、日焼け止め効果も高いのですが、刺激もありますからその分肌への負担が大きくなります。

2内からのUV対策とは?

内からのUV対策は、肌が白くなる食べ物です。
UV対策につながる栄養素を多く含む食べ物を積極的に摂る事で、色が黒くなる事をある程度防ぐことができます。
UV対策に役立つ栄養素として「ビタミンC」が有名ですがお肌のコラーゲンを生成する時に使われますし、新陳代謝を促進してお肌のターンオーバーをスムーズにしてくれると言われています。では、ビタミンCを多く含む食材は何があるでしょうか?!代表的なものとしてはレモンですね。
ブロッコリーや小松菜、赤ピーマンなどの野菜にも多く含まれていますし、キウィにも多いのでそれらの野菜や果物を毎日食べるようにしましょう。

-美白ケア

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.