未分類

デリケートゾーンの黒ずみにニベアは効くのか、検証してみたら効果なし?

投稿日:

デリケートゾーンの黒ずみにニベアは効くのか、検証してみたら効果なし?

赤ちゃんからお年寄りまで使える保湿クリームとして家族で使用している人や長年、ニベアだけずっと使っている人も多いロングセラー商品ですよね。

ニベアといえば乾燥肌を保湿するのに重宝するクリームですが、デリケートゾーンの黒ずみに効果があるらしいという噂があるのは知っていますか?

本当にニベアがデリケートゾーンの黒ずみ対策として効果を発揮してくれるのか調べてみたいと思います。

ニベアは青缶にたっぷり入ってドラックストアで手ごろに買えるのが魅力ですね。

黒ずみに効果があるというなら使ってみたいと期待しちゃいます。

期待して調べてみると、ニベアには黒ずみ対策に期待できる成分は入っていませんでした。

ニベアに期待できるのは保湿効果だけ

ニベアの主成分はワセリンやグリセリンなどの保湿成分が多く入っているのが多く美白成分や美容成分も配合されていません。

ニベアの成分の一覧
水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

この一覧をみると黒ずみを薄くなる美白成分は配合されていませんね。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するにはメラニン色素を美白対策で薄くしながら、毎日の摩擦や刺激になっている習慣を改善することで黒ずみを薄くしていきます。

デリケートゾーンの黒ずみはなぜできるかというと、肌の表面の肌細胞にダメージや摩擦で刺激が加わると肌細胞を守るためメラニン細胞が生成されます。

メラニン色素が増える刺激の一つに乾燥があります。

感想肌を放置していると肌の摩擦や刺激に弱くなりより黒ずみが出来やすくなっていますから、乾燥による黒ずみ予防にはなるかもしれませんが

直接、ニベアにはメラニン色素を薄くする効果がないため、黒ずみが気になる部分に塗っていても一向に改善することはありません。

黒ずみでも原因はたくさんありますから、デリケートゾーンの肌を触ってみて乾燥肌や肌がガサガサしている場合は塗ってもよいかもしれませんが
ニベアはすごくベタつくので下着に付いたり、不快感を感じたしまうためデリケートゾーンへ乾燥していても塗るのは代用品にするのが個人的にはおすすめです。

敏感肌の人はニベアをデリケートゾーンに塗ってはだめ

敏感肌の人には肌が乾燥していても、ニベアはおすすめしません。

そのわけは敏感肌の人に刺激になる鉱物油、シリコン、香料など添加物が多く配合されているクリームだからです。
それを敏感肌の人がデリケートゾーンに塗ってしまうと肌トラブルが多くなり肌が赤くなってしまったり、ブツブツができてしまうことがあるので注意です。

ニベアの青缶はいくらでどこで買えるの?

ニベアの青缶はネットでも買えますし、ドラックストアやコンビニでも購入することもできる保湿クリームですから、
すぐに購入することができますよ。

値段も手ごろで400円から購入することができます!

美白成分が配合されていないため、黒ずみのためには効果はないですか乾燥した肌に塗っておいて黒ずみ対策するのにはいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?

黒ずみやシミと聞くと紫外線のイメージが多いですが、外部からの摩擦や刺激、出産や妊娠でのホルモンバランスの乱れ、
加齢でのターンオーバーの停滞が主な原因といわれています。

外部からの摩擦や刺激

デリケートゾーンの摩擦や刺激の要因は多く、強く洗いすぎ、下着の圧迫や生地の擦れ、ムダ毛処理のカミソリの刺激などが主な原因です。
肌が薄い分、ゴシゴシと洗ってしまうだけで刺激が蓄積されて黒ずみになってしまいます。
デリケートゾーンを洗うときは泡を指の腹で優しく乗せる程度で大丈夫です。
サイズに合っていない下着のゴム部分が食い込んで圧迫され刺激になりますし、股ずれも黒ずみの原因になってしまうのでサイズにあった下着を付けることも重要です。
カミソリはデリケートゾーンだけではなく腕や脚のムダ毛でも黒ずみの原因になってしまうため泡を付けたり、クリームを付けつつムダ毛を剃りましょう。

出産や妊娠でのホルモンバランスの乱れ

妊娠をすると女性ホルモンが急激に変化して保った状態にいます。

この状態でメラニンが大量に分泌される状態になっていますから乳首も授乳に向けて黒くくすんでくるのは全身の肌細胞にメラニン色素
が多く生成されているからなのですが、出産後3ヶ月程度で妊娠前のホルモンバランスへと戻っていきます。
それと同時に大量に生成されていたメラニン色素もストップするため元の色へともどっていきます。

加齢でのターンオーバーの停滞

肌細胞が内側からどんどんつくられて新しいお肌へと生まれ変わりますが、歳をとるにつれてこの肌の生まれ変わりの周期が遅くなって
肌代謝であるターンオーバーの間隔が遅くなっていきます。
すると自然とお肌がくすんできて、お肌の表面にはいつまでたっても古い角質層が居座ったまま黒ずみも剥がれ落ちない状態になってしまいます。

まとめ

ニベアではデリケートゾーンの黒ずみは解消できなかった。
黒ずみを改善する美白成分がまったく入っていなかったし、美容成分も配合されていない。
保湿効果はあり、乾燥による黒ずみの予防の期待は少しできるが、それでも黒ずみを完全に予防したり、美白効果を発揮することはできないクリームだった。

-未分類

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.