未分類

ハーバルラビットは粘膜部分やびらびら部分に使える?

更新日:

ハーバルラビットは粘膜部分やびらびら部分に使える?

粘膜

ハーバルラビットでデリケートゾーンの黒ずみを治したいと思っている人の中でも特にIラインの部分の黒ずみに悩んでいる人は粘膜部分に近いところの黒ずみやびらびらの部分の黒ずみをどうにかしたいと思っている人がいると思います。

ハーバルラビットはデリケートゾーンにも使える美白クリームだけど一体どこまで使えるのか詳しくわからなかったのでハーバルラビットが粘膜部分、びらびら部分に使えるのかを調べてみました。

ハーバルラビットは粘膜部分には使ってはだめ!

デリケートゾーンのほかにも粘膜の部分は目の中、まぶたの裏、唇の内側、膣内や小陰唇、肛門の内側の部分です。

ハーバルラビットは粘膜の部分には使えませんのでデリケートゾーンでも小陰唇のびらびら部分にも使用することができません。
アンダーヘアーが生えているところは使うことができるので、どこまで使えるにか悩んだときはアンダーヘアーが生えているところまでと覚えておきましょう。

粘膜部分のある小陰唇は肌が柔らかく、刺激を受けやすいため黒ずみが気になる人が多いですが、ハーバルラビット以外にも美白クリームや化粧品の使用はおすすめできません。

デリケートゾーンで使用できるのは

Vライン、IラインとOラインはアンダーヘアーが生えている部分は大丈夫です。

迷ったときはこの判断で使用してみてください。
ハーバルラビット

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

ハーバルラビットが粘膜に使えない理由

膣に近い粘膜部分だから

デリケートゾーンの粘膜の部分は膣ですが、一番近い小陰唇も内側には粘膜部分がありますし、とても刺激が弱い部分なのです。

ここにハーバルラビットが付いてしまうと肌が荒れたり、ヒリヒリ感などが出る場合があるためおすすめできません。

膣内の菌の環境に影響

膣内は細菌が入ってきても善玉菌が膣内の環境を整えてくれていますが、粘膜部分に塗ってしまうとクリームが膣内に入ってしまう可能性があります。

クリームが入ってしまうことで膣内の善玉菌が激減して細菌が繁殖する膣内の菌のバランスが変わってしまいます。

こうやって膣内の環境が最近が多い状態になってしまうと、病気になりやすくカンジダや細菌性膣炎になる可能性が高くなるため膣近くの粘膜へは塗れません。

直接、吸収される経皮吸収部分

小陰唇の粘膜部分は経皮吸収性が高い部分で肌に塗った部分の成分がダイレクトに体の中に吸収されやすい部分のことです。

これは小陰唇だけではなく、鼻や口などの粘膜にも言えることで通常のお肌よりも体内に成分がより吸収されてしまい肌バリアがない状態です。

ハーバルラビットは無添加美白クリームだけど

石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤は配合されていない無添加美白クリームですが、粘膜部分に塗っても大丈夫と明記がないため避けるようにしてください。

敏感肌やデリケートゾーンでも使えるハーバルラビットですが、陰部でも粘膜部分は使用せず、問題ない部分に使用しましょう。

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

粘膜やびらびらは何故使ってはダメなの?皮膚と粘膜との差ってなに?

ハーバルラビットは無添加仕様で、敏感肌の人にも使えるのに何故粘膜やびらびらにはダメなのか、不思議に思いますね。

なので普通の皮膚と粘膜との差について考えてみたいと思います。

一体皮膚って何をしているのか?

  • 水分が蒸発していくのを防ぐ
  • 外敵からの侵入を防ぐ(細菌やウィルスなど)
  • 外からの刺激を受け止める
  • 汗をかいたりして、体温調節をする

皮膚はとても大事な組織です、皮膚が無ければ人間は干からびてしまいますし、皮膚が無ければ細菌やウィルスが入り放題、あっと言う間に病気にかかってしまいます。

そして皮膚の大きな役割の1つに体温調節があります、毛穴から汗をかいて水分を蒸発させて体温を下げます。

水分が蒸発する時に熱を奪っていってくれるので涼しくなるんですね。

寒い時にも皮膚は大活躍で毛穴をきゅっと締めて水分を蒸発させないようにして体温を下げないようにしています。

あまりにも寒いと「鳥肌」になりますよね、これはきゅっと毛穴を締めて毛が立ちあがっている状態です。

皮膚は外からの色々な刺激にたいして感知しています、レーダーのようなものです。湿度を感じたり、乾燥を感じたり、暑さ、寒さを感じたり、刺激があれば痛かったり、熱かったり、ピリッとしたり、くすぐったかったり、人の皮膚って本当に色々な事を感じてくれるんですね。

・皮膚は3層に分かれている
1番上は「表皮」
真ん中は「真皮」
1番下は「皮下組織」

に分かれていて、表皮はたったの0.2㎜のとても薄い膜です。

「表皮の構造」
・角質
・顆粒層
・有棘層
・基底層

たった0.2㎜の表皮でさえ4層に分かれていて1番上が「角質」下にいくにつれ「顆粒層」「有棘層」(ゆうきょくそう)、「基底層」に分かれています。
良く、皮膚の構造といって目にするイラストのほとんどは表皮と真皮のイラストです。

表皮は28日~45日かけ、細胞が入れ替わります。
これはターンオーバーと言われ、細胞が次から次と生まれては上へ上へと押し上げられ、最後には角質となり「垢」となり脱落していくのです。

特に表皮はバリアのような存在で、細菌、ウィルスの浸入を防ぎ、真皮以下の大事な組織を保護する為に頑張っているのです。

基底層では、細胞分裂を起こして細胞を作りだしている大事な部分ですがメラニン細胞もあり、紫外線などの刺激にメラニン色素を作りだして細胞の核であるDNAを守っています。
日焼けをして黒くなるのは紫外線の刺激によってメラニン細胞がメラニン色素を作りだし細胞分裂に大切なDNAを守っている事なのです。

「真皮の構造」
表皮の下にある「真皮」では3つの層に分かれていて
・乳頭層
・乳頭下層
・網状層

この3層に分かれている真皮には、皮膚の細胞だけではなく血管や皮脂腺、汗線、神経などが張り巡らされていて、皮膚の大事な役割を補ってくれています。
汗をかいたり血を運んだり、大事な真皮を守るのが表皮といったところでしょうか。表皮に守れながらその下の真皮ではいろいろな役割をしているのです。

「皮下組織」

表皮、真皮の下には皮下組織と呼ばれる層があります。

皮下組織は多くの脂肪を含んでいるクッションのような層で神経や、血管、汗線などを守るために存在しています。

皮下組織は4㎜~9㎜程度ありますが、頭部や顔の一部(額、鼻など)の薄い部分は2㎜程度になります。

粘膜って皮膚と何が違うの?

皮膚が何層にも分かれていて、バリアの役目をしていたり体温調節をしていたり色々な役目をしていましたが、粘膜はいったいどんな構造をして何をやっているのでしょうか。
粘膜の見た目はかなり赤く皮膚みたいにしっかりとした感じはしませんよね。どんな構造か気になりませんか?

粘膜の構造とは

・粘膜表皮

・粘膜固有層

2つの層に分かれていて、粘膜表皮は粘液によって常に湿気ています。

鼻の奥の粘膜などは、常に湿気ているような濡れているような感じですね。
他にも口や喉、性器の中や肛門の中などもそうですね。

粘膜自体はあまり外にでている皮ではなく器官の中にある皮なので普通の皮膚とは構造がことなります。

腸の中や胃の中なども粘膜でおおわれていて、粘膜表皮、粘膜固有層とは違う薄い層なども存在し動いたり、活動する為にスムーズに動くようになっています。

粘膜は紫外線にあたってもメラニン細胞がありませんから黒くなることはありません。

紫外線の刺激を防ぐことができないので、紫外線に当たらないようにしてください、外からの刺激に弱い皮です。

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

-未分類

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.