未分類

ハーバルラビットはバストトップの黒ずみに効果ある?

更新日:

ハーバルラビットはバストトップの黒ずみに効果ある?

バストトップ

ハーバルラビットでバストトップの乳首や乳輪の色の濃さは薄くなるのでしょうか?

色があまりにも濃いと温泉でも恥ずかしいし、彼氏にも指摘されたことがある人は早く治したいと思っている人は多いですよね。

やはり人から指摘されて気づく人が多く、ハーバルラビットで乳首に乳輪などのバストトップの色が気になった人に中で多かったには彼に言われてという人が多く、彼氏に嫌われたくない、遊んでいると思われたくないという人が黒ずみケアをするきっかけが多いようです。

乳首や乳輪の黒ずみにも原因があります。この原因を知ることで正しくケアすることが黒ずみを薄くできることができます。

バストトップの色で悩んで美容クリニックにいったりするのは少し恥ずかしいし、男性の先生に見られるのも恥ずかしいですよね。

ハーバルラビットで自宅でケアできるから恥ずかしい思いも彼氏にバレることもなく乳首や乳輪の色や黒ずみケアをすることができますし美容皮膚科や美容エステにいくよりもはるかに安くケアすることができます。

ハーバルラビット

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

乳首や乳輪の黒ずみの原因は?

下着(ブラジャー)の擦れ

下着のサイズが合っていないと乳首や乳輪がブラジャーの生地に擦れて摩擦によって黒ずんでしまう場合があります。

とくに胸のケアをする人は少なく、乳首や乳輪のお肌が乾燥やガサガサになったまま放置する人がいますがこの乾燥が色素沈着になりやすくなるため、保湿ケアをするのが大切です。

またブラジャーの生地もナイロンやポリエステルの生地では摩擦が起こりやすいので注意が必要です。

妊娠や出産での変化がきっかけ

妊娠中はホルモンバランスが崩れて乳首と乳輪が黒ずんでいきます。これは妊娠によってエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に分泌量が増えるためホルモンバランスが崩れてしまいます。

急激のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の増加はメラニン色素の細胞を刺激するため黒ずみが出来やすくなってしまいます。

大体妊娠の4週目からいろが黒ずんでいき出産とともに数か月後には元の色に落ち着いていきます。

歳によるターンオーバー不足

歳をとるとお肌のターンオーバーの周期自体が遅くなり、黒ずみの原因であるメラニン色素自体がは排出されずに角質層に残っている状態のために黒ずんでしまうことがあります。

20代後半や30代は女性ホルモンも活発ですし、ターンオーバーの周期も遅くなるのも重なって乳首や乳輪のバストトップの黒ずみが気になってしまうと思います。

ちなみに女性ホルモンの影響がなくなり女性ホルモンの分泌が激減する高齢のおばあちゃんになると乳首がきれいピンクになるんですよ。

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買えるのはここ▼
ハーバルラビット

ハーバルラビットがバストトップの黒ずみに効果がある理由は?

ハーバルラビットの美白効果は化粧品以上

ハーバルラビットの美白クリームは化粧品以上の位置づけの医薬部外品です。

この化粧品と医薬品の中間にあたる製品はどうやって決められるかというと、厚生労働省の薬事法で決められた製品は効果が穏やかで効能、効果が期待されている成分が配合されているのが条件なので、ハーバルラビットにはしっかりと黒ずみ対策に効果ができるとお墨付きをもらっているということです。

保湿成分が多く配合されてバストケアにもなる

ハーバルラビットは美白成分のほかに潤い効果のある保湿成分が4種類配合されています。

保湿だけではなく肌のバリア機能もあり乾燥したバストトップをよりキメの細かい肌へとしっとり変えてくれます。

保湿成分はトリプルヒアルロン酸、トレハロース、セラミド、コラーゲンが配合されています。

乳首でも漂白作用がないから安心

乳首や乳輪の色を薄くするには色のムラはすごく目立ってしまうので美白ケアも注意しなければいけません。

ロドデノールやハイドロキノンのように漂白作用がある美白製品は色にムラが出来てしまったり、刺激が強すぎて皮がむけてしまう副作用があります。

ハーバルラビットは穏やかに作用がある水溶性プラセンタエキスやビタミンC誘導体などで副作用の心配がなく美白効果がある成分です。

<バストトップ(乳首)を美白する時の注意点>

美白で人気のピーリングはどうなの?!

☆ピーリング剤はバストトップに使ってはいけない
・ピーリング剤の特性
古くなった角質を酸で取る美容法です、酸はAHAとBHAという物があり、日本人にはAHAが向いていると言われています。AHA・・・グリコール酸、乳酸、フルーツ酸など

BHA・・・サルチル酸

バストトップ(乳首)の色が気になって色々な美白を考えていると思いますが、あまり強い美白ケアは良くありません。

それは乳首の皮膚はとても薄く刺激が伝わりやすい場所なので、無理に色を白くしようとすると色がムラになりやすいのです。

ピーリングは皮膚の角質の表面を薬剤で溶かして取ってしまう方法です。

その為、くすみや肌荒れがなくなりキメが整ったりと美しい肌を手に入れる事が出来るのですが乳首や唇など皮膚の薄い場所ではトラブルが起きやすいのです。

<バストトップにピーリング剤を使わない方がいい理由>
・ピーリングは刺激が強い⇒肌荒れしやすい
・強い刺激が痒みを引き起こす原因になるかも
・個人差が大きいのでやらない方がいい
・強い刺激が逆にメラニンを増やす結果に

バストトップ(乳首)や唇ではない皮膚でもピーリングをした後は日焼けしないように注意を受けます。

ピーリングによって一時的に皮膚が薄くなっているので日焼けをするとシミやそばかすなどが出来てしまうためです。

ダイレクトに紫外線の刺激がメラニン細胞に届いてしまい、大量のメラニン色素が生成されてしまう事があるからです。

乳首は日焼けをして黒くなっている訳ではありませんが、ピーリングでますます皮膚が薄くなってしまうと部分的にただれたり、色がムラになったりトラブルのもとになりますから止めておいた方がいいですね。

バストトップ(乳首)の美白には肌に優しいケアが向いています。

保湿をしっかりして、肌が持つターンオーバーの仕組みで余分なメラニン色素を減少させていくのが望ましいと思います。

乳首にも使える美白アイテムで優しく美白をして、ピンク色の乳首を手に入れてくださいね!

<バストトップが黒くなる原因-ブラジャー>
・ブラジャーのサイズが合っていない
・ブラジャーのデザインで縫い目が擦れる
・ブラジャーの繊維が肌に刺激を与える

ブラジャーのサイズが合っていない場合は、身体を動かす時にバストトップ(乳首)がブラジャーに当たったり擦れたりし、乳首が刺激されます。

デザイン等の影響で縫い目や凹凸などが乳首に当たり、刺激になる場合、ブラジャー自体の繊維が肌に合わず刺激となっている場合もあります。

ブラジャーのサイズは自分では良く分からない場合は下着売り場や、下着専門店などで計ってもらい、ぴったり合ったものを着用するようにしてください。
不必要にこすれたり、当たったりすることがなくなりますよ。

又、肌が弱い人はブラの素材も考えた方が良いでしょう。

化繊と呼ばれる化学繊維は石油系を原料にしたものが多く、綿に比べ通気性が悪い場合もありますし、刺激を受けてしまう場合もあります。

天然の素材である、綿の下着や絹の下着に変えてみるのも、乳首に刺激を与えない1つになります。

<バストトップにメラニンを溜めない方法>

バストトップ(乳首)に限らないのですが、基本的に必要以上にメラニンを溜めない方法をお教えしましょう。

・ビタミン類をしっかり摂る
・タンパク質をしっかり食べる
・睡眠をしっかりとる
・ストレスを溜めない
・紫外線はしっかりと防ぐ
・入浴時にゴシゴシ洗わない

黒ずむ原因は不必要なメラニン色素を排出できていないからです。

お肌のターンオーバーを促進してあげる事が肝心で、ビタミン、タンパク質でお肌を作るための栄養をしっかり摂りましょう。

そして睡眠もターンオーバーに関わる重要な問題で、お肌は寝ている間に作られると言われる程です。

ホルモンは睡眠の間に分泌されますから、成長ホルモンが排出される夜中にはしっかりと寝ている事が大事ですね。

又、入浴時にゴシゴシ洗ってはいませんか?

泡を使って撫でるように洗うようにしてください。

決してタオルやボディーブラシでゴシゴシ洗っては、その刺激でメラニンを増やしてしまう可能性が大きいです。

紫外線に関しては薄い洋服や薄いブラジャーで透ってしまう可能性があります。

日差しの強い場所へ行く場合は厚めのブラで紫外線から保護してあげましょう。

厚めのブラが無い場合はニプレスなどがおススメです!

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

-未分類
-

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.