未分類

ハーバルラビットの効果的な使い方

更新日:

ハーバルラビットの効果的な使い方

ハーバルラビット

ハーバルラビットの使い方を正しいポイントを抑えるだけで、効果が全く違います。

間違えた使い方や塗る量が少ないとせっかくの美白効果も半減してしまいます。

ではどんなことに気を使っていけばよいでしょうか。

まずは手や黒ずみの部分を清潔にすること

ハーバルラビットはデリケートゾーンにも使える美白クリームですから普通のハンドクリームを使うときよりもより気を使って清潔に使う必要があります。

クリームを手に出して黒ずみが気になる部分に塗っていくため、クリームを出す手を清潔に洗ってからイビサクリームを塗るようにしましょう。

黒ずみが気になる部分が陰部などのデリケートゾーンの場合に不衛生の状態でクリームを塗ると菌や汚れが広がってしまい肌のトラブルやデリケートゾーンの炎症の原因にもなってしまうかもしれません。

ハーバルラビットの効果がより高められるように塗る前に手を洗うようにしていきましょう。

ハーバルラビットを塗る前はお風呂上りやシャワーを浴びた後がベスト?

手を洗うのは外から帰ってから手を洗うのと同様でOKです。
デリケートゾーンはトイレに行くと汚れてしまうため、ハーバルラビットを塗るタイミングで一番良いのがお風呂上りかシャワーを浴びた後に塗るのであれば、手も黒ずみが気になる部位も清潔ですからそのまま塗ることができますよ。

公式でおすすめの1円玉大じゃ少ない?

ハーバルラビットの公式でおすすめしている1円玉大の大きさでは少ないように感じます。
指や手の平に1回分のクリームの量を出しますが、1円玉より多く範囲が広い場合は10円玉大ぐらいたっぷり使うのが効果的です。

黒ずみが気になる部分の範囲が小さい場合は1円玉大、範囲が大きい場合は10円玉大を目安にしておくと使いやすいと思いますよ。

目安を参考にしてハーバルラビットの量を調節しながら毎日ケアしていきましょう。

塗る範囲は黒ずみより大きく塗る

クリームを塗る範囲は黒ずみ部分はもちろんですが、ジェルなので伸びがよいのがハーバルラビットの特徴です。
黒ずみの周りの部分にクリームがはみ出てもまったく問題はありません。

きっちり、黒ずみ部分しか塗らないとなると塗る部分にムラができてしまい、黒ずみの範囲よりも広めにクリームを塗るほうがしっかりと黒ずみの範囲に染み込んでいきます。
塗り方としては、たっぷり黒ずみの範囲よりも広めに美白クリームをぬることが大切です。

黒ずみよりも広範囲に塗ってもお肌が荒れたり、問題はないの?

ハーバルラビットは医薬品ではありませんから黒ずみが気にならない部分に塗っても大丈夫です。
ハイドロキノンのように副作用がある成分は配合されていません。

美肌成分や潤い成分が多く含まれているため肌のキメが細かくなりますよ。
お肌の美容効果もありますから、広範囲に塗っても問題はまったくありません。

ハーバルラビットの黒ずみは一日2回塗る

1日2回が塗る回数でより効果が出る回数です。
時間を空けて塗るのがベストなので朝と夜に塗るようにしましょう。

デリケートゾーンなど外出中に塗るには難しい部分に黒ずみがある人は出かける前の朝、帰ってきてからのお風呂上りなどに塗ると毎日続けやすいと思います。

塗り忘れや一日1回では効果は薄れる?

時間が取れずにハーバルラビットを塗り忘れてしまうときもあると思いますが、無理をして塗る時間を作る必要もありません。

毎日塗る習慣を保っていれば塗り忘れた日があっても問題ありません。
塗る時間帯はきっちり、朝と夜に分ける必要はありませんし、塗り薬ではありませんので時間や回数を毎日必ず守らなければいけないということもないので神経質になる必要もありませんよ。

2回も塗る時間が取れないという人は一日1回でもかまいませんが、一日2回によりも効果は半減してしまいます。
時間がとれる日は一日2回にするなど工夫してみてください。

より効果を高める2度塗りで美白成分が浸透

ハーバルラビットを黒ずみが気になる部分に塗り、乾いたらまたクリームを塗るとより成分が角質層に浸透してデリケートゾーンをはじめとする黒ずみにより効果が出る方法です。

時間がなくて一日1回しかハーバルラビットを塗れない人は2度塗りを実践してみてください。
ハーバルラビット

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

-未分類

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.