未分類

【唇は注意】ハーバルラビットは唇への使用は注意が必要!塗ってはいけない場所がある!

更新日:

ハーバルラビットは唇の色素沈着に使っていいの?


唇も日焼けしますし、皮膚が薄い分外からのダメージ受けて黒ずんだり色素沈着が進んでしまう場所です。

しかも、意外とUVケアを怠っていて、黒くなってから悩んでしまう場所なんです。
色素沈着してしまっている唇をピンク色のぷっくり可愛い唇に変えたい!
そう思いませんか?

ハーバルラビットはデリケートゾーンにも使える低刺激の黒ずみケアクリームです。
低刺激なら唇にも使用できるはず・・・。

公式ページを見ても唇への使用の事はなにも書かれていませんでした。
実際、唇に使っていいのか、使ってはいけないものか分かりませんでした。

早速、電話して確認してみると・・・。

ハーバルラビットは無添加で低刺激なのですが

「粘膜部分」には使用しないように、との事です。

”唇”は皮膚の部分と粘膜の部分に分かれます。

口の中(口内部)では粘膜部分に当たるのです。

つまり

☆口を閉じて見える部分 ⇒ 使用OK

☆口の中に当たる部分  ⇒ 使用NG

と、なりますので舐めたりしないでください。

できるだけ、口の外側に塗るのであれば、自己責任でOKではないでしょうか。

口コミの中で「唇に使用して黒ずみが薄れてきた」という書き込みもありますが、
実際、ハーバルラビットの使用方法としては推奨された使い方ではないので自己責任という事になります。

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

唇の色素沈着、何故起こる?

実は唇は色素沈着が起きにくい場所です。
角質層がとても薄い事と、肌のターンオーバーがたった5日しかない事で、角質層が厚くなり黒ずんだりはしにくい場所なのです。

唇が色素沈着する原因は?

①口紅、メイクをきちんと落とさずに色素沈着している

落ちづらい口紅やメイクなど洗顔とは他にしっかりとクレンジングをしてメイクを落としているでしょうか?
落とし切れていない口紅やメイクが色素沈着を起こしてシミになってしまう事があるそうです。

②唇が受けるあらゆる刺激

唇の角質層はとても薄く、皮脂腺もないのに、食事をする時に熱いもの、辛いものなどあらゆる刺激を受けてしまうものです。
唇は毎日過酷な状況におかれています、保湿に心がけて守りたいですね。

③日焼け、紫外線の影響

とても薄い角質層しかない唇にはダイレクトに紫外線の影響があるのです。
そして、他の部位とは違い「メラニン色素」がありません。
通常、紫外線の影響でメラニン色素が生まれるのは、刺激によってお肌を守る為なのですが唇にはメラニン色素が無いのです。
唇の細胞はもろに紫外線の影響を受けてしまいますので、日焼けしないように心がける事が大事です。

④口紅の化学物質

口紅と一言でいっても、色々なものが存在します。
赤く色づけるために、化学成分を使ているもの、天然色素を使ているもの、他にもいろいろな化学物質が含まれているのは事実です。
合わない化学物質を付ければアレルギーを起す人もいますし、きちんと落とさなければ色素が残った状態で、次の日に口紅を重ねて色素が残るという循環になります。
しっかり落として色素沈着が起きないようにしましょう。

⑤擦る、摩擦で活性酸素

唇をティッシュで拭いたり、手で拭いたり、タオルで拭いたり・・・
日常的なしぐさですよね。
その時、ゴシゴシ拭くと、摩擦で炎症を起こし、炎症が血管を広げてる⇒この繰り返しで、白血球が壊れた細胞を除去します。
この時、活性酸素が発生し、シミを定着させる原因となります。

参考:
https://www.ci-labo.com/onayami/skincare/kuchibiru/article/00000123/
シロノクリニック 寺井美佐江 院長 文章

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

ハーバルラビットは唇の黒ずみにも効くの?

唇の色が悪いとそれだけで、健康的に見えませんし、唇の周りに黒ずみがあるとリップや口紅を塗ってもカバーしきれなくて気にしてしまう人が多い場所でもあります。

この唇の色や黒ずみをハーバルラビットで改善できるのかを調べてみました。

ハーバルラビットは唇に使えないの?唇の周りのシミや黒ずみはOK!

直接、ハーバルラビットを唇に塗ることはできません。それは口の中に入ってしまう恐れがあるからです。
ハーバルラビットは体の黒ずみを綺麗にしてくれる美白クリームですが、リップクリームとは配合されているものが違います。
美白クリームを唇に塗るのはやめましょう。
体内に少しでも入ると体調が悪くなるなどの影響が必ずあるというわけではありませんが、口の中に入っても大丈夫という前提で製品が作られていませんから注意してくださいね。

唇に直接塗ることはできませんが、口回りにはハーバルラビットを塗ることができます。
無添加でお肌に優しい成分で作られていますから、皮膚の柔らかい口回りでも美白ケアをすることができます。

顔の部分でも頬に塗っても平気だけで口回りに塗ると肌が荒れてしまうなどお肌は敏感な部分なので無添加のハーバルラビットをがおすすめ。

唇に近い部分は意外と擦ることが多い部分、紫外線を直接浴びていますし、手やティシュで擦ることで黒ずみの原因になっていきます。

これだけでも口回りは黒ずみや色素沈着になりやすい部分ともいえますよね。

唇周りの黒ずみケアの方法は?

唇のターンオーバーが活発な部分なので、お肌の生まれ変わりが早い部分でもあります。
大体のお肌のターンオーバーは28日間といわれていますが、唇ではなんと1週間でお肌が生まれ変わります。
唇自体は紫外線や摩擦で、黒ずみや色素沈着などのダメージを受けやすいですが、黒ずみが改善するのも早いのです。
気になるようなら、唇に使えるスクラブなどで古い角質とメラニン色素を一緒に綺麗にしていきましょう。

黒ずみができてしまう原因を見直そう

紫外線を当たるのを予防しよう

唇の皮膚わ柔らかく薄いため紫外線をダイレクトに受けてしまいます。紫外線を受けるとメラニン色素が過剰に生成されていまいますから
紫外線が強くなる5月から9月もリップクリームで唇を守るようにしましょう。

唇の乾燥を防ごう

唇を無意識に動かすクセや下で唇をなめる人などは唇に刺激を与えていますし、乾燥にもなりやすくなっています。
乾燥した唇でいると摩擦や刺激に弱くなってしまうので手やティシュなどで唇を強くこすったり、拭いたりすることで黒ずみが起こりやすくなってしまいます。

リップや口紅の成分にも注意

口紅に配合されているタールという成分には紫外線を浴びると紫外線の影響を受けやすい特徴を持っています。
知らない間に、タールが配合されている口紅を使うことで唇に黒ずみや色素沈着が出来てしまっているかもしれません。
現在、使っている口紅やリップを見直して、唇にやさしい口紅やグロスに変えましょう。

リップの美容液でしっかりケア

唇は乾燥しやすい部分なので、常にリップを塗ってうるおいを保つようにしましょう。
また、寝る前にリップ用の美容液で唇をケアや唇パックをするのもおすすめです。
それだけでも自然と黒ずみが改善してきますよ。

禁煙することでビタミンCがアップ

タバコには紫外線の影響を受けやすいタールやニコチンが含まれています。
さらに、問題なのが、タバコにはビタミンCが破壊されてしまうということなのです。
ビタミンCには黒ずみの原因でもあるメラニン色素を作られるのをブロックしてくれる重要な役割があり、タバコを吸っているだけで唇の黒ずみだけではなく顔のシミやシワなども増えてしまいますからタバコを吸っている人は禁煙したほうがいいですよ。

血行を良くする唇マッサージをしよう

血行が悪いと唇の色が黒ずんでみえたり、唇の淵が黒くなってしまうことがあります。
そんなときは唇のマッサージをすることで血行をよくするることで綺麗な赤い唇に改善できることがあります。
また、相性の良い色の唇で黒ずみを目立たせないようにするのもいいかもしれません。

普段の生活やクセなどが、直接、唇の黒ずみの原因になっていることが多いので、リップなどで乾燥させないようにしながら、色素沈着や黒ずみの原因になる習慣を改善するケアをすることで唇の黒ずみも改善できるでしょう。

口回りの黒ずみはハーバルラビットでケアしながら、唇の黒ずみはリップやマッサージなどでケアしていきましょう。


☆ UVリップ ☆

 

 

 

ハーバルラビットが
▼返金保証付きで買える▼
ハーバルラビット

-未分類
-

Copyright© ハーバルラビットで実際に試した口コミと【3ヶ月後の改善のIライン画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.